全国のツーリンググループを地域・メーカーごとに紹介しています。

ツーリングに乗っていきたいバイク「BMW R1200GS」

ボクサーエンジン搭載のR1200S

古き良き伝統的なモダンBMWとして知られている、R1200S。
BMWバイク伝統のボクサーエンジンがR1200Sに搭載されているので、BMWの英知を詰め込んだ、非常に質の高いバイクとして、多くのライダーに愛されているバイクの一つです。

静かに、それでいて心地よく、快適に乗ることが出来るBMWのボクサーエンジンは、音を聞いているだけで癒されるという人もいるほど。
BMWならではの、安定性と、長距離でも疲れにくい点は、ツーリングにもピッタリだと言えるでしょう。

R1200GSの場合は、初心者ライダーでも安定して乗りやすいことが大きな特徴です。
例えば、バランスのとりやすいハンドリング、必要に応じてパワーを発揮する水冷対向2気筒エンジン、しなやかに対応するフレームなど、初心者におすすめのポイントが多くあるでしょう。
バイク自身の質が非常に高く、長時間乗っていても疲れにくいため、ツーリングをする際に、出来るだけ疲れないバイクを探している方にはぴったりのバイクと言えます。

多数のライディングモード搭載でライダーをサポート

BMWのR1200GSには、ライダーをサポートする、ライディングモードが多数搭載されています。
その時の天気や地面の状態、走り方に合わせたモードを選択することで、より快適なライディングを楽しむことが出来るでしょう。

モードは、ロード、レイン、ダイナミック、エンデューロ、エンデューロプロの五種類が搭載。
それぞれ名前通りに、街乗り、雨の日、高速道路、悪路など、それぞれの道に特化しているモードになります。
エンデューロプロに関しては、公道での使用不可の、レースでのみ使用可能なモードですので、エンデューロレースに出る際などに、活用している方が多いようです。
それぞれのモードをその場面に合わせて使い分けることで、より乗りやすい快適なライディングライフをエンジョイすることが出来るでしょう。

スペックの高さが値段の高さにも比例する?

BMWと言えば超高級外国車のイメージが強い方も多いかと思います。
その為、質が高い分、値段が高いイメージがある方もいるのではないでしょうか。

もちろん値段が高いタイプもありますが、新車から中古車まで、バイクを手に入れる方法は色々とありますので、商品によって値段は大きく異なります。

中古新車特にこだわりを持たないのであれば、安い時は100万円以下で購入することが出来る場合もあるでしょう。
高い場合ですと当然250万前後はかかりますので、どうしても新車が欲しい、状態が良いバイクが欲しいという場合は、値段に関しては覚悟しておいてください。

あくまで値段とバイクの質は比例するものではないと言えますので、参考にすることをおすすめします。

次へ 投稿

HOME/Sitemap

© 2017 ツーリング交流所

テーマの著者 Anders Norén