全国のツーリンググループを地域・メーカーごとに紹介しています。

ツーリングに乗っていきたいバイク「HONDA CB1300」

ホンダのCB1300は、様々なモデルがある?

ホンダの大型バイクにも様々な種類がありますが、その中でも人気が高いシリーズの一つが、ホンダCB1300です。
ホンダのCB1300は、CB1000スーパーフォアから引き継がれたCBシリーズのフラッグシップモデルとして知られ、多くのホンダファンを魅了してきました。

初代はSC40と呼ばれ、その後、SC54などのモデルチェンジを経た後、CB1300シリーズ、CB1300Pなどの、新型モデルが発表となりました。
それぞれマイナーチェンジではありますが、実際に乗ってみるとよくわかる違いがふんだんに盛り込まれており、ライダーファンの心をぐっと掴んできたと言えるでしょう。

エンジンは、1.3L水冷DOHC直4エンジンを搭載。
低回転域から高回転域に至るまで、非常にスムーズなチェンジが行われ、それぞれの回転域に合わせた、爆発力をもつ仕上がりとなっています。
パワーが大きいバイクにありがちな運転のしにくさは見事に抑えられており、長期運転時にも負担が少なく、ツーリングに最適といえるでしょう。

高回転域に到達すると、直4エンジンらしい、最高のサウンド、吹け上がりも実現しています。
ホンダの1300ならではの活力のあるバイクです。

白バイ使用のCB1300 Pも同じシリーズ

日本一とバイク乗りとされている白バイ隊員。
高精度なバイクテクニックを持ち、日々、日本の安全を守ってくれている白バイライダーですが、そんな白バイ隊員が乗っているバイクとして、多くの人に知られているのがCB1300Pです。

C1300Pは通常のホンダバイクに比べても、非常に性能が高く、スピード力、パワー、コーナリングのスムーズさ、どれをとっても一流であると言われています。
プロに相応しいバイクを製造した結果が、1300Pを生み出したと言えるでしょう。

細かな違いとしては、ミラーをハンドルマウント化、ステップ一の変更、ABSは装備するも、前後連動機構は未装備などがあげられます。
線用モーターなども搭載されており、日本を誇る白バイ仕様になっていると言えるでしょう。

より早く、よりパワーのある、小回り抜群のバイク

CB1300モデルは、大型バイクでは珍しく、非常に小回りの利くタイプのバイクとしても知られています。
大型バイクに起こりがちな、振動の大きさによる体への負荷も少なく、長時間のツーリングをしても、疲れにくい点が特徴です。

必要な時に必要なパワーをふんだんに活用することが出来る、CB1300モデル。
バイク初心者でも乗りやすい、安定した乗り心地は、ホンダバイクならではの特徴であると言えるでしょう。
ツーリングで出来るだけ疲れにくい、性能の高いバイクを探しているのであればCB1300シリーズがおすすめです。

次へ 投稿

前へ 投稿

HOME/Sitemap

© 2018 ツーリング交流所

テーマの著者 Anders Norén