全国のツーリンググループを地域・メーカーごとに紹介しています。

ツーリングに乗っていきたいバイク「SUZUKI バンディット1250S」

非常にトータルバランスが良い スズキのバンディット1250S

ハンドリング操作のしやすさ、コーナリングのやりやすさ、デザインのカッコよさ、性能の安定性など、全体的にバランスが整っているバイクが、スズキのバンディット1250Sです。
スズキのバンディット1250Sは、デメリットとなる部分がほとんどないと言える、非常のトータルバランスが良いタイプの大型バイクです。
1200級にありがちな、速度とパワーを重視したことによる、運転のしにくさや、ハンドリングの難しさなどはなく、安定した走りをすることができるので、初心者でもを楽しむことができます。
長距離ツーリングにももってこいのバイクですので、安定した走りを出来るバイクを求めている方は、是非とも試してみることをおすすめします。

専用開発されたパワーユニット搭載

水冷1254㎤エンジンを搭載しているのが特徴ですが、ビッグトルクエンジンとして、非常にスムーズな加速を生むことで知られています。
3500回転という少ない回転数でビッグトルクを発生させることが出来るこのエンジンが搭載されていることで、非常に安定した、スピーディーな走りをすることが出来るのです。
パワフルな加速力がありながら、余計な振動や負担を生まない、非常にスマートな加速をすることが出来るエンジンとして、多くのライダーの心を虜にしていきました。

また特殊なのはエンジンだけではありません。
容量19リットルもの燃料タンクを始め、軽量化と冷却性を兼ね備えているオイルクーラー、高い燃料消費率を誇るエコなバイクなど、利点を挙げるときりがありません。
街乗りから高速乗りまで、ありとあらゆる場面に対応することが出来る、非常に自由度の高いバイクであると言えるでしょう。

生産終了で多くのライダーが嘆き悲しむ…

残念ながらバンディット1250Sは生産が終了してしまい、新車購入が出来なくなりました。
ですが、その乗り心地の良さもあり多くのファンがついていたスズキのバンディット1250Sは、多くのライダーに惜しまれ続けています。
現在でも、新車の取引が難しいのはもちろんですが、中古車ですら、買い取り査定に出されたら高値を付けられ、すぐに買い手が付きやすいほどといえるでしょう。
これだけの人気を誇っていれば、リメイク版が出るのではないかと、期待しているライダーも少なくありません。

ライダーによっては、スズキのバンディット以外にも乗りやすいバイクはたくさんあると感じている方はいるかと思います。
ですが、スズキの中でも一、二を争う程の人気が高さであることに、変わりはありません。
bikeはあくまで相性ではありますが、オールラウンダータイプとも言えるのが、このスズキのバンディット1250だと言えるでしょう。

次へ 投稿

前へ 投稿

HOME/Sitemap

© 2017 ツーリング交流所

テーマの著者 Anders Norén