全国のツーリンググループを地域・メーカーごとに紹介しています。

札幌→小樽ツーリングコース

北海道のツーリングコースをご紹介

北海道旅行の楽しみといえば、やはり雄大な自然と豊富な海&山の幸ですよね。
何をしていても楽しい北海道ですが、かなり広いので一度で回りきれないのが悩みどころ。
今回は、札幌から小樽にかけてツーリングを楽しむ際のおすすめコースをご紹介します。

ダムを見ながら小樽野町を見下ろせるスポットへ

ダムは全国各地にありますが、大きくて水がたくさんで、見ていると癒やされると感じる人も多いです。
札幌についたら、R230を走って小樽に向かう途中、「定山渓ダム」を見に行ってみましょう。
定山渓ダムの次は、小樽に入ってから「朝里川ダム」も見てみてください。
こちらはきれいな橋がかけてあり、自然の景色とはまた違った見事な風景を楽しめます。

北海道といえばウニ丼!

小樽を抜けて余市に向かい、海沿いの道をずっと走っていくと、「ふじ鮨」というお寿司屋さんがあります。
ここは美国という町です。
ここで昼食にするのは、もちろんウニ丼。
ボリュームもウニのクオリティも素晴らしく、ウニ好きであれば思わず唸ってしまうこと間違いありません。
ウニが苦手という人も、こちらのウニ丼を食べてウニが好きになるくらいですから、そのおいしさがわかりますね。
ウニ漁の解禁は8月いっぱいとなっていますので、その前に訪れることをおすすめします。

小樽は見どころがたくさん

豪華な腹ごしらえと休憩を終えたら、小樽市内をあちこち散策してみましょう。
北海道はその広さから、札幌と小樽では天気ががらっと変わります。
札幌では曇空でも、小樽ではすっきり晴れていたりして、この天候の移り変わりを感じるのもツーリングの醍醐味といえるでしょう。
小樽で立ち寄っていただきたいのが、「カムイ岬」と「トー丸峠」といった場所です。
ライダーであれば、必ず気持よく走れるコースとなっています。
またトーマル峠を抜けたワインディングロードも気持ちよく走れますので、小樽では観光と同時にぜひツーリングも満喫してください。

ツーリングの疲れは温泉で癒やす

札幌から小樽をツーリングしながら回っていると、400km前後走ることになります。
旅の疲れはやっぱり温泉で癒やすのが一番、そこでおすすめなのが「朝里川温泉」です。
小樽からの帰り道に朝里川に戻ったら、そこで日帰り温泉にゆっくり浸かり、疲れを癒やしてください。

ここではざっとのご紹介になってしまいましたが、札幌から小樽までのルートには名物や見どころがたくさんあります。
運河や、ライダーにはたまらない坂道、また美しい町並みも、北海道の魅力です。
ぜひツーリングと共に観光地も満喫していただきたいですが、観光地めぐりに行き詰まったときは、峠のライダーに聞いたりして穴場な観光スポットを訪れるのも楽しそうですね。

次へ 投稿

前へ 投稿

HOME/Sitemap

© 2017 ツーリング交流所

テーマの著者 Anders Norén